早期に対応するべき排水管の水漏れ

早期に対応するべき排水管の水漏れ 家庭内には、必要な設備がいろいろとあります。うまく機能させていくためには、設備が正常に使えるようにしていかなければいけません。水回りも大切な設備になっていきますが、水道管をからつながる給水管と下水管につながる排水管が重要な意味を持っていきます。どちらも必要ではありますが、給水したとしても、流す場所がなければ使うことができません。排水管が正しい性能を発揮することが、設備としても重要になってくるため、水漏れを起こせば、設備としての深刻な問題へとつながっていきます。

■排水から出てくる水漏れの問題

水が漏れるということは、どんなところからでも大きな問題を起こします。ただし、設備として考えた場合、給水と排水では性格が大きく異なるところが重要です。上水を使っている給水は、きれいな水が流れてきます。使った水を流していく排水とは異なるものです。水であることは同じでも、流れ出てしまえば、周囲に与える影響に違いが出ることになるでしょう。下水管とつながっているということで、そこから上がってくるものが健康被害を与えてしまうことも考えなければいけません。害虫や悪臭といった、健康に影響が出てしまうことも、排水管が防御することを考えれば大事な機能です。これが水漏れによって失われてしまうことも出てきます。異常が出ましたでは済まない状況となってしまうため、異変が少しでもあれば、修理をしなければいけません。

■パイプの劣化が漏水につながる可能性
排水が設置されている場所はいろいろとあります。それぞれが大事な機能を持っていますが、キッチンは生活に欠かすことができない場所です。料理をすれば、必ず排水しなければいけないでしょう。まったく水を使わないといったことはあり得ない話です。清潔であることも求められることから、排水トラップが機能していることが重要になってきます。漏れるとなれば、足元から流れ出てくることも考えられるでしょう。さまざまなものを収めている棚の中から漏れてくることは、被害が広がる可能性があります。
パイプがつながっていることが重要になってきますが、水道管とは異なり、常時圧力がかかっているわけではありません。しかし、さまざまな目的で使われた水が流れてきます。これによって、パイプが変質してしまうこともあるでしょう。これが原因となることもありますが、使っている間はなかなか気が付かないことが多いでしょう。予防策として、どんな使い方をしていかなければいけないのか、なぜパイプが劣化するのかも考えなければいけません。

■ホースの劣化も考えられる

ホースを使って排水している場所もあります。洗濯機もそのひとつです。これが水漏れにつながることもありますが、大量の水を流すことが大きな問題です。もしも、ホースで詰まってしまっているときには、これが流れなくなってしまいます。建物の構造上、ホースを使って排水している場合にも、同様の危険性が出てくることになるでしょう。ホースを交換すれば済みますが、中がどうなっているのか気が付くことはまずありません。つまって逆流したり、ホースに穴が開いて漏水が始まって初めて事実に気が付くようになるでしょう。給水設備とは違った問題点がここにあり、問題が拡大してから発見につながる重要な部分です。通常使っていて問題がなさそうであれば、だれも交換を考えません。しかし、劣化はどんどんと進んでいることを理解しておかなければならないでしょう。

■まとめ
排水の機能は欠かすことができません。いくら給水したとしても、排水できなければ使うことができないのは確かでしょう。だからこそ、定期的な点検が必要であり、異常が出てから対処するのではなく、しっかりと機能できるようにしていく必要があります。健康のことや建物のことを考えれば、排水は大事な設備になってくることをよく理解し、早期に対応を進めることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース